じゃじゃ~ん♪ さやえんどうの花が咲きそうemoji_character_panda_091126_018.gif

春が待ち遠しい、なみきちですemoji_character_panda_091126_021.gif

 

さてさて、なみきちも人体の複雑さには関心する毎日ですが、
体というものは本人が痛いところ、つらいところが症状の原因とは限らないんですね。emoji_character_panda_091126_018.gif

 

先日のことです、「肩甲骨の内側に沿って痛くってね~。」とおっしゃる方が見えられました。

「ふむふむ」 一通り症状などのお話をききましてさっそく施術です。

 

やはり、触診で実際にお体を診ることが肝心です。

自覚症状のある部分、肩甲骨の内側と背骨をつなぐ筋肉『菱形筋』も確かに硬く硬直していました。

肩甲骨の高さが左右で明らかに違いますね。 ツボ療法とはまた別の療法で緊張を取り除きます。

 

でも、それだけではないようです。

『肩甲挙筋』もかなり緊張がみられます。

『肩甲挙筋』は肩甲骨と首の骨をつなぐ筋肉です。 ここが張っている方は結構多いです。emoji_character_panda_091126_020.gif  

こちらはうつ伏せに続き、仰向けで寝てもらって「ゆっくりら首療法」で首をほぐします。

最後にもう一度状態を確かめます。 だいぶ良い手ごたえemoji_character_panda_091126_019.gif   (すみません、、自画自賛??emoji_character_panda_091126_009.gif

 

最後にお体の状態などをご本人へ説明します。

今回は、菱形筋に痛みが出ていたこと、

肩甲骨につながっている別の筋肉である(肩甲挙筋)にひっぱられて、肩甲骨まわりの筋バランスが崩れたため、首の辺りをほぐさせていただいたことをお伝えしました。

お伝えしましたところ、 「・・・そういえば2、3日前、寝違えをしたんだよね~」とおっしゃってました。

 

以外と自分の体でもわからないものです。

でもその方のことを一番わかってあげられることが大事だと思ってます。emoji_character_panda_091126_019.gif

お疲れが溜まって不安な気持ちの時はいつでも言ってくださいねemoji_character_panda_091126_019.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

user manager for domains . English to Malayalam . Erluchowdisi . Peta Dunia . peta dunia